20kmの走行距離なのにハンガーノック…、なぜだ?(理由は明白)

ドラマ版の金田一耕助、悪霊島(古谷一行主演)に出てた中村俊介(越智拓郎役)を見てから、ああ美しいお顔の俳優だったんだな!と気がつきました。浅見光彦シリーズだと全然気がついていなかったという…。あらやだ🙊。だって光彦、朴念仁すぎ!

さて、週末も出勤日も無事に終わったので午前中せっせとお仕事して、日暮れまで数時間という時間帯になった時にサイクリングに出発したのです、いつものサイクリングロードへ。右岸や左岸、川上や川下といろいろあるので今日はいつもと違う方へ行こうとしたのですが、ショベルカーみたいなのが作業中だったのでいつもの方向へ。

どーやら行きが向かい風、でも河川敷は帰りも向かい風になる可能性があるから余裕を持っておかないと。往復20kmにしよーってほんの少しケイデンスを高めでシャカシャカと走って戻りました。家まで残り2kmというあたりで、ハンガーノックで力尽きたのでした。20kmだからって補給食なんて用意してないので、縁石に座って回復を待ったのでした。うむー。

経過時間から合計時間を差し引いた時間が回復に要した時間でした💧

経過時間から合計時間を差し引いた時間が回復に要した時間でした💧

ケイデンスを継続するよう気をつけたけど、行きしかできてないな!

ケイデンスを継続するよう気をつけたけど、行きしかできてないな!

確かにお腹空いた状態で出発してしまいました。その前にご飯食べたのは…、14時間くらい前だったので深く反省し、サイクリングする日は出発の3時間前に補給(つまり昼食)することを心に誓ったのでした!

縁石に座って休んだこと自体、潔癖気味のモクアイにとって驚くべきことですが、劣化バッテリーのような体力のため、気がついたらボトルの水をこぼしながら横になって倒れていたのです、しかも2回…。休んでた道路が、工事中で行き止まりになっている延ばしてる最中の幹線道路で、大きな歩道と工事中の柵みたいな間で休んでいたので無事でした。しかし、これは怖いことだと思ったのでした。治安のよい国で心底よかったです。ひー、2度としない、深く反省。