祝!カブキブ!完結、楽しかった〜♪

何クールか前の深夜アニメでやっていた榎田ユウリ先生原作の「カブキブ!」、たしかテレビの番組表を眺めてる時にタイトルで見つけて「あ、これ絶対面白いやつ…!」と思い、毎週楽しくみておりました。

数回見終わったところで、辛抱たまらん!原作読んじゃう!!ネタバレだいすき!!!ということで楽天koboで1巻が当時値下げしてたのもあって、あれよあれよと6巻まで読み、つい先日最終巻の7巻を読み終わったのでした。いやー、楽しかった楽しかった。こういう王道の青春モノは読んでいて熱くなります〜。ただ、残念ながら歌舞伎には興味が持てなかったです、動画とか見てみたのですが…。天河伝説殺人事件でお能に気を惹かれたものの、全然興味持てなかったのと一緒です。

類義語でボクシングマンガ読んで〜、社交ダンスマンガ読んで〜、バレエマンガ読んで〜、テニスマンガ読んで〜、バレーボールマンガ読んで〜、柔道マンガ読んで〜、なぎなたマンガ読んで〜、囲碁マンガ読んで〜、将棋マンガ読んで〜、フィギュアスケートマンガ読んで〜、競技かるたマンガ読んで〜、ボートレースマンガ読んで〜、書道マンガ読んで〜、クラシック音楽マンガ読んで〜、ジャズマンガ読んで〜、競技自転車マンガ読んで〜、お琴マンガ読んで〜とかいろいろありますが、成長物語として読むのがすきみたいです。

実際クラシック音楽やジャズを聴くか?と聞かれるとうむー、まぁ好んでは聴かなくてロックの方が断然すきです。そしてロックのマンガはイマイチ胸が熱くならないです。沸点が少し異なるというかなんというか。本当に大事なものはアンタッチャブルでいてほしいという、子どもっぽいわがままでしょーか?

何はともあれカブキブ!は楽しかったです。歌舞伎すきの高校生の男の子が部活動で歌舞伎を上演したい!というお話。クールで有能な黒髪眼鏡、男装の麗人、日舞の名取、才能豊かなアホの子、本物の梨園の御曹司など、ゆかいな仲間たちと共にお話が進んでいきます。御曹司のツンデレがかわいくてしょーがないです。主人公の熱量もすきです!はぁ、ほんとコテコテの王道がすきだー!