筋肉がつきやすい体質はいいのか悪いのか🤔…、いまさら選べないのだから受け入れるのみ

むふむふ、チケットを発券してきたの巻。むふむふしちゃう座席だったので、座席表を眺めてはニヤニヤしよう!2公演行っちゃう行っちゃう!前回の「魔法的」の時は1公演しか行けなかったんだ…。

発券のついでにスーパー寄って何か買おうかと思ったんだけど、誘惑にうちかつの巻。スープはるさめとか低カロリーで嬉しいんだけど、とまらなくなるからりんごとバナナでいいんだ!ブドウ糖投入したコーヒー牛乳で頑張るんだ、家にそれ以外の食べ物をストックしてはいかんのだ!きっと1回で3カップとか食べてしまう罠なんだ。

「指輪物語」、通称『ロード・オブ・ザ・リング(映画でいうところの二つの塔)』のローハンのセオデン王が蛇の舌グリマに操られ蜘蛛の巣はって埃が積もった状態の時にガンダルフに開眼させられるシーン。霧が晴れるように、みるみると若々しくなっていくあの映像、それを連想します、ここ最近の自転車漕ぎで。漕げば漕ぐほど、悪いものや老廃物とか成人病のもとみたいなのが体からどんどん出ていって、体が晴れ渡っていくような感覚があります。贅沢なお肉はお肉だけにあらず!よくないものもいっぱい詰まってたみたいですね!

とはいえ、まだまだぜんぜん重いー。フォアグラ先生も、あと少しの滞在だとおっしゃっておりますが、お別れするまでにはいたっておりません。そして体重計の針は動かないのですが、なんか少しずつ締まってきました。贅沢な部分が筋肉に生まれ変わっているみたいです、てっとり早く心拍計が緩くなったので何度か調整しました。バルクアップはまったくのところ求めていないのですが、そーいえば筋肉がつきやすい体質だったっけ。まぁ、有酸素運動しかしてないから大丈夫だとは思うんだけど、太マッチョになっちゃったらと、ちょっと心配。ギアも重く感じない程度だし、筋肉痛になる漕ぎ方もしてないですよ〜。

夕食時以外のエネルギー補給に罪悪感を感じなくなってきました。最近は起きてから、1セット漕ぐ前に補給している感じ。すると途中でへばらないで最後まで漕げるようになったのです!へばる時は横になって休む回数が何回かありましたからね、今思うと時間の無駄でした。