夢が夢ならの冒頭はまさしく今の季節だ!

なんか時間が少し早過ぎるのですが「夢が夢なら」の冒頭ワンシーンみたいな風景を見た!最寄駅はJRなので普段の生活圏内では私鉄はみかけないなーなんて思ってたんだけど、これは私鉄や!ちゃんと川面をとらえるアングルじゃないといけなかったな!

岸辺に立つ緑若く5月 電車のガラスは涼しげなスクリーン

銀河を見上げる冬の小径
色とりどり擦れ違うダウン・ジャケット
ボートを漕ぎ出す波の上に 洗った様な月が光るね

ああ 夢が夢ならそれでも構わない
萠え立つ霧と蜜の流れる波をたゆたう姿

口笛を吹こう今は4月 市場を通り目を閉じてみる
掠める気持ちはツバメのように 4月の空はダイヤモンド

岸辺に立つ緑若く5月 電車のガラスは涼しげなスクリーン
真っ白に嵩張る雲の流れ 映し川を越えてく私鉄

七夕を越えて幾つもnight&day 波が寄せては返す夕暮れ
花やかな夏の酔いにまかせて いっそ華火でも行きたいね

ああ 夢が夢ならそれでも構わない
萠え立つ霧と蜜の流れる波をたゆたう姿

嵐のあとに散らばる楓 踏みよけながら駅まで急ぐ
坂道を下り降りてすぐに 汗をかいた額打つ風

夏から秋へと空は高く はっきりと今僕には判る
僕はあなたに逢えたことを ずっと幸せに思うはず

ああ 君が居た頃のことを思わない
僕は一人で生きることを学ぶさと思いながら

霜の降りた朝街を歩く 恰好つけずにいようとちょっと思う
木洩れ陽が織りを返す小径 その先に僅かに見えるね

ああ 夢の彼岸まで高く架かる橋
萠え立つ霧と蜜の流れる波をたゆたう姿

クリスマスが近づく場所で 元気に挨拶を交わしたい
爽やかな冬の酔いにまかせて 力強く時に悲しく

緩やかな円を描くように 僕らの息・吐息交差する
手をのばしそれをそっと握り 誰かと舟を進めてゆく

対岸の灯り眺めながら 往きつ戻りつ往く夜舟を

なんかこう、春夏秋冬が巡っちゃう曲がすきなんです。琴線に触れちゃうんですよね!
まぁ、そんな感じで夜明けのサイクリング行ってきました。今日もモヤすごいのかな〜って思ってたのですが、そんなことはなかったです。ただ、風向きが逆になっていました。ここ数日は無風状態だったので久しぶりの帰り向かい風、きつかった…。これからはルートにこだわらず臨機応変に、行き向かい風を徹底したいと思います。

向かい風でもケイデンスに変化が見られないのはよいペースで漕げているということに違いない!その代わりギアが軽いので速度が少し下がっておりますな。うむうむ。へへへ、「Strava」のチャレンジやリーダーボードに参加することにしてみました。そしたら順位とかが見られるようになるんですね〜。全体の全期間とかだと「1630/2917」とか、そんな順位がついておりますが、なんだかホンワリした気持ちになっちゃう。人として何かしらに参加しているという気になるんでしょうかね!!さ、月末のコンサートに向けて減量頑張りろう!着て行くお洋服も考えないとな〜☆