「オリエント急行殺人事件(2017年)」を見たよ!涙なしじゃ見られない超名作だった!

オリエント急行殺人事件(2017年)」をみました、今更な感じもしますが!ミステリー好きを自称している割には映画館には足を運ばない…。

初めて書籍を読んだのは2006年だった、その年に某欧州で国境を越える寝台列車に乗って「オリエント急行ごっこ」と称して車内を冒険した、ちなみに座席券で乗車したので個室の廊下と食堂車を歩いただけなんだけど…、本当に車掌さんが座る折りたたみ椅子とかあるんだ!って思ったのを覚えてる、あと一晩くらいなら座席で十分だよな〜って思ったのも。

「スター・ウォーズ」のレイ役を演じだデイジー・リドリーは酒井法子氏にしか見えないな、とかオリヴィア・コールマンは「ナイト・マネージャー」とか「ブロードチャーチ〜殺意の町〜」で見覚えあるな、とかブーク役のトム・ベイトマンはテニスプレーヤーのロジャー・フェデラーみたいな貴公子だなとか、スパイダーマンのグリーンゴブリンがいるな、とか、マーティン・フリーマンに似てるエルキュール・ポアロは「ハリー・ポッター」のギルデロイ・ロックハートだとか!そんな雑念ばかりでしばらく見ていたわけですよ。

「オリエント急行の殺人」自体はドラマ版や映画版が国営放送とかでバンバン再放送してるのでついつい毎回見てしまうし、民放がリメイクしたりするのもついつい見てしまう。なので何回みたかわからないくらいストーリー知ってる。なのにこんな、こんな!涙腺が大崩壊したのは初めてだったよ〜、ウァァアアン😭😭😭

いやぁ、びっくりするくらいいい映画でした。もちろん映像の幻想的な美しさ、キャストの豪華さもあるんだけど、なんだろう、なんだかとても感動してしまった。ペネロペ・クルスの涙のシーンで貰い泣きしてそこから滂沱状態に。正直、12人が次々に刺すなんて現実感ないしそんな馬鹿な〜って思ってた。でもそれくらい追い詰められて罪を全員で共有したっていうのがヒシヒシと伝わってきて…、もう涙なしじゃ見られなかった!はー、面白かった、いっぱい泣いたのでデトックスになってしまった。原作名作映像名作!嬉しいが倍になるの法則!こういうのを求めて気に入った原作の映像化を見ているのであります!!

逆を言うと「ショーシャンクの空に」が本当に良くて、そこからスティーブン・キング作品を読み始めたってパターンもありますね!「SUNNY」は原作を読もうかどうか悩んでるところ!お試し版読んだ感想だと、映像になってる部分以外の深いところはなさそうなので二の足踏んでる。

次回作の「ナイルに死す」も観光名所満載でいい映画になるんだろうな〜、楽しみだな〜。これは確か原作読むよりも先に映像みて犯人当てたの巻!いい映画に当たるのは嬉しいな!朝一とか最終上映とか割引の日がいっぱいあるので劇場行っちゃおうかな〜、それをいうなら「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」も気になるところ…、行ってこようかな。

あと、昨日公開された「ボヘミアン・ラプソディ」メイキング映像が気分が高まる!!