ボヘミアンラプソディよかった!最初から最後まで泣きっぱなしのデトックスしっぱなし!

見て来ました!「ボヘミアンラプソディ」、昨日混んででもいいと予言したせいか、スカスカなんだけど前と横が埋まるという不運…なんで😢??やっぱり中央の席は人気ありますね☆

予想通り冒頭からグズグズと涙が溢れてしまうのでありました!しかしラスト21分は…、すごーくよくて感動的だったんだけどYoutubeで予習し過ぎた感があり、なんとも既視感が…!!予習ですでに感動しまくってたので、見比べてるような気分になってしまった。ピアノの上のドリンク類やホットパンツのスタッフとかセットの上で座って見てるスタッフとか、アップ撮ってるテレビカメラとか、あとはポージングなどなど。。。(さすがに)予習なしで見るべきだった!

あ〜、でもレコーディングシーンとかすごくよかったな!試行錯誤しながら作り上げていくのが垣間見れた、やっぱり一番大切なのは情熱!右に左に音を振るのって、ああやって録音してたのぉ?って。

ショーの後にパーティせずにいられないってのは、きっと興奮がおさまらないから暴走しちゃってる状態なんだろうな…、自分もスポーツに触れたあと何時間も興奮しっぱなしで、その興奮状態と通常の落差に戸惑ったりもする。ジャニス・ジョプリンだって「ステージで25,000人の人と寝て、1人で家に帰る」なんてことを言っておりました。光が強烈な分、濃い影に耐えられなくなってしまうのも理解できる気がする…。でもまた家族に戻れてよかった、穏やかなボーイフレンドが近くにいてくれるようになってよかった!!!ハグして!って願ったシーンでハグしててほんとよかった。

ツアーの都市を見せる時のシルエットがとてもかわいかったYO!

クイーンは曲を聞いてて歌詞の意味が気になる部分が多々あるんだけど、その解答をピシっと言ってくれてた。にゃるほどにゃるほど。

何はともあれ見てよかった、いい映画だった!しかしこのすごいライブシーンを映画で違和感なく再現するってすごい熱情…!素晴らしきこの世界に感謝したい気持ちになった!!