死ぬまでにやりたいことを書き出してみたところ…自転車買っちゃった☆

死ぬまでにやりたいことを書き出してみたところ、50個くらい書けた!目標とか願望(現実可能な範囲の)とかも入ってるけど、これらを実現できるよう心がけと努力をしたいと思います。これからも思いついたら書き足していくんだ〜♪

さて、その死ぬまでにやりたいことの筆頭にあがってるのがロードバイク始める、です。今は業務縮小したから自由な時間も増えたし、偏頭痛だからと動かないでいるとどんどんひどくなりそうだし、痛くても多少無理してでも動き始めなくちゃ本当にまずいと思ったのです。あと収入も減るので余裕があるうちに買っておかないと、やらないまま人生が終わっちゃうんだろうなって思いました。

自転車競技はテレビで見るのは大好きだけど、自転車歴はママチャリのみ。高校の頃、自転車で通ってたんだけど視力が悪くなって夜道が見えなかったのと、並走する自転車に蹴飛ばされて怖い思いをしたので電車通学に切り替えました。そのあとバイク購入したり車の免許取ったりしてからは全然乗ってないです。

自分のフレームサイズも知りたいしと、近所のスポーツサイクルショップへ。クロモリかアルミか、クロモリが乗り心地よさそうでいいなと思ってたんだけど、そのお店はアルミかカーボンしか置いてない。カーボンはさすがに腰が引けちゃう。でもでも、絶対あとでカーボンが欲しくなるのわかってる。バイク買った時もすぐにビンテージ車が欲しくなって心が離れてしまったもの。だからちょっと頑張って、本当に気に入ったものを買おうと思いました。

目についたのは以下の2台。(C社の場合)カーボンフレーム、ティアグラ搭載、2018年モデルで22万、車体カラーが白。わー、だめだ。白という色が好きじゃないからきっと気に入らないと思い続けてしまうんだろうなー。(D社の場合)カーボンフレーム、105搭載、2017年モデルで25万、車体カラーは黒。これは悪くないけど、現金特価でクレジットカード払いだと30万弱くらいになっちゃう。せっかくゴールドカードへの条件クリアのためにカード払い推奨中なのにそれはない。予算と欲しい自転車には大きな差があるなーと、完敗した気分でしょぼしょぼとお店を出ました。

というかアメリカ車もイタリア車も悪くないんだけど今年のツール・ド・フランス見てて欲しくなったのは、なんといってもドイツ車!毎日逃げに乗ってたワンティ・グループゴペールのCUBEが強烈なインパクト残してくれました。それかCanyonは応援している選手が乗ってるバイクなので、こちらも捨て難い!そして両方とも流通経路がまだ確立していない感じ…。Canyonに至っては個人輸入のみ、CUBEは塩野自転車さんが正規代理店とかなんとか…。

これはもう、あれかー。店頭での購入は諦めてメンテナンス自分で頑張れってことかー。最初はやっぱりお店の人とかに教えてもらいたい的な気持ちもあるけど、近所のショップは行きつけになれる気がしなかったし…。今はネット検索するとなんでも教えてもらえるし、エンジン積んでる訳じゃないからお手入れとケーブルとチェーンと、あとはセッティングを覚えればなんとかなるよ!という自問自答の中、ポチりました…!欧州からの輸送費が15,000円ですが、それを加算しても安くてよいのが選べました!車体カラーも好みの素敵なやつ!届いたら写真載せますよ、グフフ。

到着が楽しみ〜。その前にと必要なもの一式も買いました。ビンディングシューズとペダルまで買ってしまった!最初は安いプラスチックのフラットペダルで慣れるまで乗るつもり。ヘルメットやベル、ライトはもちろんのこと、エアポンプやボトルケージ、携帯工具セット、アイウェア、ジェルパッド入りの防寒具上下、サドルバッグ…。調子に乗って買いすぎた!

この話題はしばらく続くと思います☆

追記:9月22日(金)にショップで惨敗したあと、検索で見つけて数時間モジモジ悩んで購入ボタンを押しました。欲しいサイズのは1台しかなかったので、売れ切れて買えなかったら後悔すると思ったのです。クレジットカードのポイント2倍の日まで待つか悩んだんだけど、待てませんでした。そして9月25日(月)にそのページを見に行ったら、欲しいサイズの一つ大きいサイズのも販売済みとなっていました。買うチャンスを逃さなくて本当によかった!だって本当に欲しい条件が揃ってて(サイズがあって、車体カラーも好みで)予想より全然安かった!もうこんなの2度と巡り会えないかも!ブラックジャックでいうところの、最終電車に乗り過ごさなかった、というギリギリセーフだったのだと思いました。