マンガだいすき…!」カテゴリーアーカイブ

星上くんはどうかしている、に思う太陽と月の逆転劇

以前ご紹介したアサダニッキ先生の作品に「星上くんはどうかしている」というのがある。講談社コミックス全5巻完結。

星上くんはどうかしている(全5巻)
完全無欠の学園の王子様、星上求(もとむ)。彼には双子の兄、星上望(のぞむ)がいるが求とは違い、いつもぼっちでダメ上と呼ばれいた。三毛野いさりはある日先生から風紀委員に任命される、男子委員の望がいさりを指名したのだった。望は誰とでも仲良くなれるクラスメイトのいさりを見ていて、友達になりたかった。望といさりが仲良くなると優等生の求が2人の仲を邪魔しはじめて…。 出典元:モクアイ

太古の昔から少女漫画の王道というのは、太陽のように明るい男子と月のように影のある男子に溺愛され、揺れ動くのが大前提で醍醐味。

王家の紋章」でいうならメンフィスvsイズミル王子!

少年王メンフィス

エジプトの少年王メンフィス、口癖は「ういやつめ」

現代の娘キャロル(富豪)

現代の娘キャロル(富豪)、特技は看病と怪我の手当て

ヒッタイト王国のストーカー・イズミル王子

隣国ヒッタイト王国のイズミル王子(ストーカー)、口癖は「おおイシュタルよ」

ガラスの仮面」でいうなら桜小路優vs速水真澄、

次世代のナンバーワン俳優・桜小路優

次世代のナンバーワン俳優・桜小路優、女の子の扱いにたけたリア充

千の仮面を持つ少女・北島マヤ

千の仮面を持つ少女・北島マヤ、基本才能の塊で努力も惜しまない

冷徹仕事虫・速水真澄

冷徹仕事虫・速水真澄、婚約者の癇癪で身動き取れない

摩利と新吾」でいうなら新吾vs摩利(あれ?中央がいない!)、

左が摩利・右がおひさま新吾

左が摩利・右がおひさま新吾

エロイカより愛をこめて」でいうなら伯爵vs少佐(あれ?中央がいない!)、

左が伯爵・右が少佐

左が美術品泥棒「エロイカ」“ドリアン・レッド・グローリア伯爵”・右が「鉄のクラウス」“クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ少佐”

はいからさんが通る」でいうなら少尉vs蘭丸&冬星。

左上から青江冬星、伊集院忍、花村紅緒、北小路環、藤枝蘭丸、黒い狼(鬼島森吾)

左上から青江冬星、伊集院忍、花村紅緒、北小路環、藤枝蘭丸、黒い狼(鬼島森吾)

ちょっと時代をすすめて「円舞曲は白いドレスで」でいうならサジットvs将臣、

左から青樹湖都、鬼堂院将臣、ウィリアム・サジット・アスター

左から青樹湖都、鬼堂院将臣、ウィリアム・サジット・アスター(軍服マニアにはたまらないお)

天は赤い河のほとり」でいうならラムセスvsカイル、「花より男子」でいうなら道明寺vs花沢類、「NANA」でいうならノブvsタクミ。近年の作品になると「ちはやふる」でいうなら太一vs新、「360°マテリアル」でいうなら丸井vs滝、「ヒロイン失格」でいうなら弘光vs利太、「うそカノ」でいうなら和久井vs入谷。

あああ!走馬灯のようにいろいろな少女漫画が駆け抜ける!時間がいくらあっても足りないよ!

以下ネタバレあります。

続きを読む

アサダニッキ先生の言い回し、楽しくてかわいいです

アサダニッキ先生との出会いは結構最近な方なのですが、可愛らしい絵柄とツッコミが愛らしくてすっかり虜になっている次第です。って下書き作成してたら本日、お誕生日とのことで今日エントリーさせていただきました!

お誕生日おめでとうございます!これからも楽しい作品をお待ちしております!


青春しょんぼりクラブ(月刊プリンセス掲載・全15巻)
好きになった男子に告白しようと思うと、目の前に別の女子が現れ、意中の男子がかっさらわれてしまう――主人公の桃里にまは、“超当て馬体質”な女子高生。
そんな特異体質の彼女に近づき、「もっと観察させてほしい」と声をかけたのは、男女の恋愛を調査するために結成した「青年心理学研究会(青心研)」部長で理事長の娘・三刀屋依子だった。
同じく部員で見目麗しい女装男子・隠岐島武、美形なのに2次元しか愛せない・簸川諒を加えた青心研メンバー4人と、それを取り巻くやっぱり少しヘンな人たちが繰り広げるラブコメ群像劇。出典元:ねとらぼ

生徒会長とアニ研部長のキャラがとにかく濃くてわらっちゃいます。ツッコミが本当かわいい。クチがクリームパンみたいになって焦るのもかわいいのです。絵が上手なマンガ家先生はたくさんいますが、読んでて楽しいストーリーと好みの絵が重なることは滅多にないので、嬉しい出会いでした。

王子が私をあきらめない!(ARIAにて連載中・コミックス2巻まで発売中)
超セレブな私立王冠学園高等部へ通う元庶民の吉田小梅が、超ハイスペックな生徒会長の一文字初雪さまに溺愛されるハイパー格差ラブコメディ。王子を支えるの個性豊かな生徒会執行部、通称“四天王”も加わり、常識人の小梅はふりまわされっぱなし。青春しょんぼりクラブを一段とパワーアップさせたようなコメディ色の強い作品です。出典元モクアイ

この作品では剣崎柿彦という、アニ研部長や生徒会長みたいな強烈キャラが出てきます。あとは小梅に横恋慕する麗しい黒髪(花岡椿)、女装男子(鬼ヶ島桃太郎)、巨人(蓮之介)も登場します〜、わーい。



3冊で完結する完璧なストーリー!田中相先生の「千年万年りんごの子」

田中相先生の作品を読むのは初めてだったのですが、非常に感受性の強い濃厚な作品でした。幼少期に出会ってしまっていたら、モクアイは人間をやめていたかもしれません…!

千年万年りんごの子(1) (KCx) [ 田中相 ]

価格:627円
(2017/9/13 00:17時点)
感想(1件)

千年万年りんごの子 主な登場人物
・伊岡雪之丞 天涯孤独の身のため、幼い頃から周囲に気を使い優等生を演じてきた青年
・長内朝日 幼い頃に秘密を抱えてしまったりんご農家の娘

昭和23年の雪の日、生後間もない雪之丞はお寺の境内に捨てられていた。月日は流れ大学卒業を控えた雪之丞は、青森のりんご農家の娘、朝日とお見合いし入り婿となる。打算で結婚したものの、朝日の明るい性格に惹かれながら大家族の中で寄る辺を見つけ、りんごを育てる日々。しかし運命に導かれるように、朝日はおぼすな様の祝福を受け、そしてひかれていく。60年前に絶やしたはずのメタテ(嫁立て)とオネリ呼ばれる祭儀、朝日を失いたくない雪之丞は村の禁忌へと足を踏み入れる。 出典元:モクアイ

壮大な叙事詩のような、最初から最後まで美しく大きな輪のような作品でした。読んだ後の感動と満足感が半端なかったっす。なんでこんな名作を知らなかったんじゃろか??

感想を書いてからネットで調べようと思ったのですが、この作品で田中相先生は2012年の文化庁メディア芸術祭で新人賞を受賞、2013年の「このマンガがすごい2014男・女版ランキング」で7位、2014年は9位にランクインしていました。モクアイが知らなかっただけで超有名作品でした、失礼しました!

一時期、日本語の「○○神!」とか「神○○!」のような言い回しが少し気になっていたのですが、日本という国は八百万の神がおわす場所でした。イワシの頭にさえ神が宿る国、いろいろな神があってよいのだと理解できてからはなんかすっきりしました。

そういえばモクアイも「荒木飛呂彦教のジョジョ信者」だったり「スティーブ・ジョブズ教のapple信者」を長年続けています。ほかにも「手塚治虫教」にもかれこれ20年以上入信していますね。

以下、ネタバレあります。

続きを読む

祝!TVアニメ化決定!!野田サトル先生の「ゴールデンカムイ」

マンガ読むの大好きでいろいろなジャンルを読み漁ってます。青年誌はストーリーがずっしりとしていて読み応えがあるので楽しいです。今後もいろいろ紹介していきたいと思います。

ここ1番のお気に入りマンガは「ゴールデンカムイ」。
骨太なストーリーの面白さ、主人公杉元ニシパの強靭さ!アイヌの少女アシリパさんの可憐さとたくましさ、白石の装備飴ちゃん、敵じゃないでお願いキロランケ、24人の脱獄囚の刺青人皮やのっぺらぼうの謎。老いぼれを見たら生き残りと思えの土方歳三ら個性たっぷりの魅力的なキャラクター、危険極まる鶴見中尉とそのゆかいな仲間たち!

あと、あちらこちらに漂う作者の野田サトル先生の変態さ加減…!江渡貝くぅんもぶっ飛んでたけれど、姉畑支遁先生の動物記や、蝗害のラッコ鍋相撲事件など、DOGIMOを抜かれました。正直なところ、荒木飛呂彦先生をも凌ぐ変態なんじゃないかと思いはじめています。

このアニメ化は正直楽しみでなりません!早く続報でないかな!現在はコミック11巻まで発売しておりますが、物語はまだまだ中盤といったところ。続きが気になって仕方ありません。

ゴールデンカムイ
日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。 引用元 wikipedia

ゴールデンカムイ

狩る!食べる!!戦う!!!北の大地で繰り広げる五感震えまくりエンターテインメント「ゴールデンカムイ」公式サイト

 

ゴールデンカムイ 1【電子書籍】[ 野田サトル ]

価格:500円
(2017/9/3 18:35時点)
感想(2件)