心の琴線に触れる…これすき!」カテゴリーアーカイブ

ボヘミアンラプソディよかった!最初から最後まで泣きっぱなしのデトックスしっぱなし!

見て来ました!「ボヘミアンラプソディ」、昨日混んででもいいと予言したせいか、スカスカなんだけど前と横が埋まるという不運…なんで😢??やっぱり中央の席は人気ありますね☆

予想通り冒頭からグズグズと涙が溢れてしまうのでありました!しかしラスト21分は…、すごーくよくて感動的だったんだけどYoutubeで予習し過ぎた感があり、なんとも既視感が…!!予習ですでに感動しまくってたので、見比べてるような気分になってしまった。ピアノの上のドリンク類やホットパンツのスタッフとかセットの上で座って見てるスタッフとか、アップ撮ってるテレビカメラとか、あとはポージングなどなど。。。(さすがに)予習なしで見るべきだった!

あ〜、でもレコーディングシーンとかすごくよかったな!試行錯誤しながら作り上げていくのが垣間見れた、やっぱり一番大切なのは情熱!右に左に音を振るのって、ああやって録音してたのぉ?って。

ショーの後にパーティせずにいられないってのは、きっと興奮がおさまらないから暴走しちゃってる状態なんだろうな…、自分もスポーツに触れたあと何時間も興奮しっぱなしで、その興奮状態と通常の落差に戸惑ったりもする。ジャニス・ジョプリンだって「ステージで25,000人の人と寝て、1人で家に帰る」なんてことを言っておりました。光が強烈な分、濃い影に耐えられなくなってしまうのも理解できる気がする…。でもまた家族に戻れてよかった、穏やかなボーイフレンドが近くにいてくれるようになってよかった!!!ハグして!って願ったシーンでハグしててほんとよかった。

ツアーの都市を見せる時のシルエットがとてもかわいかったYO!

クイーンは曲を聞いてて歌詞の意味が気になる部分が多々あるんだけど、その解答をピシっと言ってくれてた。にゃるほどにゃるほど。

何はともあれ見てよかった、いい映画だった!しかしこのすごいライブシーンを映画で違和感なく再現するってすごい熱情…!素晴らしきこの世界に感謝したい気持ちになった!!


井上涼さんのびじゅチューン!がお気に入り😽✨、スターシステムをまとめたよ!

私が井上涼さんのことを知ったのはツイッターのタイムラインに載ったこちらの動画。

この曲を視聴してハマりました!
NHK Eテレでオンエア中のびじゅチューン!でオンエアされた「噴火する背中」です。豊臣秀吉が着用していた富士御神火文黒黄羅紗陣羽織(ふじごしんかもんくろきらしゃじんばおり)の歌です。

最近は遠ざかっているけれど、絵を描くのがすきで、美術がすきで美術館めぐりがすきだったことを思い出しました。井上涼さんの美術にからめるエッセンスが独特で、素晴らしく愛らしい。建物を擬人化するセンスとか、モクアイには微塵もないので憧れます。あと、範囲が広いので勉強になる!絵画だけじゃなくて世界遺産、伝統工芸品、彫像などいろいろ出てきます!

びじゅチューン!

世界の「びじゅつ」をユニークな歌とアニメ(by井上涼)で表現。作品の魅力をあなたのハートに強烈インプット!

実はこの動画群、登場人物がスターシステムなのでまとめてみました。黒字は単発出演で、赤字がほかの動画にも登場している人たち(物たち)です。動画を見る時の参考にどうぞ!(PC環境だとテキストオンマウスで出演作名が表示されます、タイトルにリンクがあるものはNHKのYouTube動画です)

🎥 指揮者が手

  • 孤高の指揮者・手(頭脳は大人で体は子どもな名探偵っぽい)
  • 紺色巻き髪唐獅子&白色巻き髪唐獅子
  • ヴィーナス
  • ドジョウ
  • 霊村 おYUKI(幽霊)
  • さゆり
  • ツタンカーmailのめがねで頭が平らな男の子
  • 太陽の塔のみつあみの女の子
  • さーちゃん
  • 拍手する観客
  • トリの雛

何をどうしてもコーネリアス(Tone Twilight Zone)を連想せずにはいられない作品。テルミンのソロまで出てきてしまっては偶然とは思えないのであります!

オープニングのおどろおどろしいイントロから一転、すてきな手にかんするダジャレで構成されていて、とても気持ちの良い曲です。なんだろう、ほんとポジティブ!

続きを読む

田島貴男ひとりソウルツアー、行って来た!

じゃじゃーん!「死ぬまでにやりたいことリスト」のうちの一つ、田島貴男氏を見に行く!を達成してまいりました!ドライブのBGMでは大変お世話になっております。ものすごく聴き込んでるというわけじゃないけど、メインというわけじゃないけど、常にそばにあった20年とか25年とか、そういう感じになりますね…!

免許取った頃によく高校の頃の友達と(オザコン一緒に行ったりしてる)「今は小山田氏みたいな少年ボイスがすきだけど、大人になったら田島貴男氏みたいな男っぽい声がいいって思うようになるのかな?」とか「『朝日のあたる道』みたいに人を愛せるなんてすてき…」なんて話をしておりましたなぁ〜!わぁ、甘酸っぱい!

個人的に岡村靖幸氏は女性にとっての宝塚みたいなものだけど、田島貴男氏はメルヒェンとかそんな感じ…。こんなステキな考え方ができる人が世の中に存在するというだけで、なんかもう世界が愛おしく思えてくる…!もう奇跡か!妖精か!!

最近は整理番号Bばかり…

実はさまよったけどここ来るの3回目だ…!

前回来た時は小山田圭吾氏とか青葉市子氏とかU-zhaan氏、堀江博久氏、sugar me氏らを見た覚えがあるのですよ、地下1階部分で。その前にはたしか「アメリ」だとか「メメント」をここで見た気がする!

なんか最近のライブハウスはすごくきれいなんだなぁ〜。床が真っ黒な、カバンとか下に置けないような場所ばっかり記憶に残ってる…。もしかしてチッタとかも綺麗になってるんじゃろか??(最近30周年RCトリビュートのレポート読んじゃったから懐かしくて…!)

はじっこだけど結構近いぉ!

想像以上に幸せな時間だった〜☆

ひとりソウルツアーってすごい…、本当にステージ上にひとりなんですけど…。自分、音感ないのでもう、ギター1本と歌唱だけでオーディエンスを喜ばすとか魔法としか思えない…!これがギフトというやつなんでしょうかね?そして本当に素敵で素敵で。ああ!行ってよかった〜、楽しかったよ〜、と大満足でした。はぁ、幸せ。世の中にはいっぱい幸せが溢れてるのぅ…!


MELLOW WAVES TOUR 2018 @国際フォーラムに行ってきたYO!

今日は待ちに待ったCornelius、「MELLOW WAVES TOUR 2018」@国際フォーラムAホール!去年の新木場スタジオコーストでのライブがとてもとてもよかったので、先行予約で申し込んでいたのです!昨年から小山田(秋)、小沢(春)、小山田(秋)と幸せがサンドイッチみたいに交互に訪れてる!

駅の改札降りて案内板に従っていくと出てくる看板!

ちなみに春空虹の時も同じ看板で写真を撮ってるの巻

物販の列がやばかった…!カセットブックの依頼があったので開演1時間前から並んだんだけど、列の最後尾まで行くだけで疲労困憊してしまった、開演前にこの列が消化するだなんてとてもじゃないけど思えない…!

春に来た時に視力のせいか、ステージ上のおざーさんのお姿があまりよく見えなかったので、オペラグラスを持参したのです!でも映像も見たいから困っちゃう!!いやでも小山田リーダーがギターをウィンウィンさせてるところはぜひともじっくり拝見したいのであります!

座席はこんな感じ…遠からず近からず…先行で申し込んだから期待してたんだけど…

いやぁ、去年も演奏と映像がピタッと合っててバシっと決まってかっこよかったけど、またその上を行くかっこよさでした。本当、音楽という枠をすでに超えて総合芸術になってる!いろいろな概念とか固定観念とかどんどん越えて、その先を進み続けてるんだなぁ、と。ほんとはこの奇跡の少年ボイスでダバダバ or 力強く歌唱して欲しい気持ちもいっぱいあるんだけど、声の美しさだけに頼らないマルチすぎる多彩さよ!!

あと映像のいくつかが新作になっていました。途中、やりすぎなんじゃ?と思ったけど、強いメッセージが込められていたので、このために作ったのかと理解したのでした。なんかもう会場が一体化しててここにサブリミナル効果みたいなの入れてたらみんな洗脳されちゃう!ってくらい一つになってた、少し怖かった。

結構なカメラ台数で映像撮影してたので、これもスカパー系でオンエアあるのかな?!ぜひ見ようぜひ見よう、その際にはまたAXNミステリーに加入しちゃおう!

公演後も物販やってたので無事に買えた!現金払いの列は空いてた!

以下、セットリスト
続きを読む

芸術の秋なのでびじゅつのお話〜

絵を描いたり美術鑑賞したりするのが好き!と以前投稿したので、どんなのがすきなのかちょっと自分で整頓しておきたいなと思ったのです。

んまぁ、基本的なところで宗教画はとても興味ありますね!知識と教養として知っておくと、美術鑑賞が100倍楽しめますからね!お耽美出身なのでセバスティアヌスとか見ると鼻息荒くなります。

どなたの作品かは失念、場所は覚えてるけど内緒!

教会に行くのもすごーくすきで、いろいろ行きました〜、聖地とか聖域とか大聖堂とか!宝物庫も楽しいですしおすし!

石で作った建物、いいよね…!

洗足の儀式とか、聖書のシーンを絵で教えてるわけです、昔は一部の階級の人間が教育を独占して一般市民を文盲にしていましたからね!でも、現代でもしゃべることはできても読み書きができない人がいっぱいいることを知っている…。子どもが一番最初に搾取されるから勉強する機会を奪われる…。もっと明るい世の中になりますように!!

しかしこれ、知ってる洗足の儀式だとするとペトロは頭髪さみしんぼう?

さぁ、現代のミステリーに繋がる第一歩の場面ですよ!日本にも海彦と山彦みたいな昔話がありますね!たぶん、この作品の作者も名のある巨匠だったはずなんだけど忘れてしまった。検索で探せなかった〜。

世界最古の殺人シーン、カイン vs アベル

これは誰の作品か覚えてる!エル・グレコの「洗礼者ヨハネ(バプティスタ)」!このタッチはさすがに忘れられませんねぇ〜。

イエスさまを洗礼して将来的に銀のお盆に頭を乗せられちゃう人…!

聖ジョージ(ゲオルギオス)の竜退治のお話とかも…。

トカゲ型の竜、いいな〜、東洋は龍脈と言う名のヘビ型だからなぁ〜

すごく好きなんだけど、あまり知識がないバーとかカーとか!細川智栄子先生の「王家の紋章」や山岸涼子先生の「ツタンカーメン」を読んだらエジプシャンになっちゃうじゃん、そんなん。アヌビスとかカノポス、そしてウジャトに異常な興味を持つわけですよ!

ひどいピンボケ写真だ….

アヌビス

カノポス

ウジャト、ホルス神の目!

この辺りはあまり知識がないのですが、アッシリアだかバビロニアだかの狛犬とかスフィンクスみたいなやつ!メンフィスに腕を切られるアラゴン王の背景、もしくは日本刀みたいなの持ってるラガシュ王の背景に描かれてるやつ!

アッシリアだかバビロニアだかの人面有翼雄牛(たぶん)足が5本あるのかな?これ

この辺りにギリシャのツボとか展示してあって、ツボ(&ツボに描かれた絵、たぶんオリンピックみたいなスポーツしてるやつだった)に興味がまったくない自分を知った。あとタペストリーと彫刻〜、彫刻にほんとうに興味が持てない!なぜだ!ベルニーニの彫刻群(のレプリカ)はさすがにすごかったけど…、やっぱり絵画がすきなのであります!

おざーさんがCMのラストで闊歩してたのはサンタンジェロ橋!

サンタンジェロ橋、ジョジョ5部のラストバトルがこの橋のたもとだった…!4人の天使がブチャラティをお迎えにくるシーンの背景が橋と城ですね!今更気がついたのか!という感じですが…、ここは本当に美しい橋なのであります!!

なんか土曜日は無料で入れたりして、人もまばらな美術館に何度も足を運んだりしたので、ギチギチに混んだ美術館ってつらい…。日本での混雑がデフォルトになると、こんな有名絵画展示してるのに、ガラガラなのぉ〜?!って何度もびっくりした。もちろん、国を代表するような国立美術館とかは混雑してるんだけど、首都圏から離れた街の市立美術館とか穴場で楽しかったな!


「オリエント急行殺人事件(2017年)」を見たよ!涙なしじゃ見られない超名作だった!

オリエント急行殺人事件(2017年)」をみました、今更な感じもしますが!ミステリー好きを自称している割には映画館には足を運ばない…。

初めて書籍を読んだのは2006年だった、その年に某欧州で国境を越える寝台列車に乗って「オリエント急行ごっこ」と称して車内を冒険した、ちなみに座席券で乗車したので個室の廊下と食堂車を歩いただけなんだけど…、本当に車掌さんが座る折りたたみ椅子とかあるんだ!って思ったのを覚えてる、あと一晩くらいなら座席で十分だよな〜って思ったのも。

「スター・ウォーズ」のレイ役を演じだデイジー・リドリーは酒井法子氏にしか見えないな、とかオリヴィア・コールマンは「ナイト・マネージャー」とか「ブロードチャーチ〜殺意の町〜」で見覚えあるな、とかブーク役のトム・ベイトマンはテニスプレーヤーのロジャー・フェデラーみたいな貴公子だなとか、スパイダーマンのグリーンゴブリンがいるな、とか、マーティン・フリーマンに似てるエルキュール・ポアロは「ハリー・ポッター」のギルデロイ・ロックハートだとか!そんな雑念ばかりでしばらく見ていたわけですよ。

「オリエント急行の殺人」自体はドラマ版や映画版が国営放送とかでバンバン再放送してるのでついつい毎回見てしまうし、民放がリメイクしたりするのもついつい見てしまう。なので何回みたかわからないくらいストーリー知ってる。なのにこんな、こんな!涙腺が大崩壊したのは初めてだったよ〜、ウァァアアン😭😭😭

いやぁ、びっくりするくらいいい映画でした。もちろん映像の幻想的な美しさ、キャストの豪華さもあるんだけど、なんだろう、なんだかとても感動してしまった。ペネロペ・クルスの涙のシーンで貰い泣きしてそこから滂沱状態に。正直、12人が次々に刺すなんて現実感ないしそんな馬鹿な〜って思ってた。でもそれくらい追い詰められて罪を全員で共有したっていうのがヒシヒシと伝わってきて…、もう涙なしじゃ見られなかった!はー、面白かった、いっぱい泣いたのでデトックスになってしまった。原作名作映像名作!嬉しいが倍になるの法則!こういうのを求めて気に入った原作の映像化を見ているのであります!!

逆を言うと「ショーシャンクの空に」が本当に良くて、そこからスティーブン・キング作品を読み始めたってパターンもありますね!「SUNNY」は原作を読もうかどうか悩んでるところ!お試し版読んだ感想だと、映像になってる部分以外の深いところはなさそうなので二の足踏んでる。

次回作の「ナイルに死す」も観光名所満載でいい映画になるんだろうな〜、楽しみだな〜。これは確か原作読むよりも先に映像みて犯人当てたの巻!いい映画に当たるのは嬉しいな!朝一とか最終上映とか割引の日がいっぱいあるので劇場行っちゃおうかな〜、それをいうなら「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」も気になるところ…、行ってこようかな。

あと、昨日公開された「ボヘミアン・ラプソディ」メイキング映像が気分が高まる!!


ロンドン五輪は閉会式、最の高!だったしロゴも可愛かったよね

なんだかリアム・ギャラガーの武道館の動画から彷徨いはじめて、ロンドン五輪閉会式フルバージョンまで見てしまった。ライブ中継を録画しながら見た国営放送ではUKロックへのリスペクトゼロだったのは覚えてる。永久保存版の内容だったけど見ることなくレコーダーから削除していた。だからこうやってまた見ることができてうれしい。

いい雰囲気!東京五輪でもこ〜いうのやって欲しい〜って東京はロンドンみたいな音楽や文化の発展してないから無理だった!

The Kinksとか神話の世界かと思ってたよ!

Kaiser Chiefs演奏の「Pinball Wizard」なんてこれまた…!The Whoも思春期の頃にお世話になってるしランブレッタとかベスパとか…、こそばゆくなっちゃう。

↑ どっちかってーと、こっちの曲のがテンションは上がるんだ〜。

↑ もっと上がるのはコレコレ!って、なんかオリンピックから脱線してた。

ブライアン・メイもかっこいいし、フレディ・マーキュリーの偉大さもほんとすごい。動画見てたらほんと、ギター弾きたくなっちゃう。弾いたことないんだけど、始めちゃおうかなぁ、もう。

モンティ・パイソン(※外部リンク不可動画だったのでテキストリンク)は全くのノーマークなんだけど、これは聞いたことある曲だし、盛り上がりは尋常じゃないし、雰囲気極上だし…。wikiを眺めた結果、ドリフターズ(日本のコメディ5人組)がオマージュしたんだろうなということは理解した。

ううう、自国の文化は愛していることは愛しているけれど、やっぱりロンドン五輪の閉会式がかっこいいよ!

なんだこの大トリ(※外部リンク不可動画だったのでテキストリンク)は!ステージにみんな出て来て大合唱とか!しかも「My Generation」とかやばすぎるでしょ!

なんと、閉会式のフル動画(※外部リンク不可動画だったのでテキストリンク)もあるのです〜!

Wikiにセットリストの記載あるので貼っておきます〜。

わぁ〜、音楽監督のデヴィッド・アーノルドって(さーせん、知らなかったです…)すごく知ってる映画やドラマ担当してた…!「ズーランダー」や「SHERLOCK」って!!「普通じゃない」の音楽もすごくよかったの覚えてる…。

ロンドン五輪のロゴ、開幕前の評判は悪かったそうだけど、秀逸にしか見えない!

追伸:
MUSE、なんとなく1枚持ってて時々聞いてたんだけど(少し暗いのでど真ん中ではない)、あんまり顔とか知らなくて。閉会式で見てたらあれだな〜、あれだよ。宇宙兄弟パーフェクツの!と検索したところやっぱり!似てるって話題になってた!!宇宙兄弟はわかりやすい元ネタがゴロゴロしてるので、それを探すのも楽しいです。スイングバイにはキヨっさんもおられますからね!

MUSEのヴォーカル、マシュー・ベラミー(左)

宇宙兄弟のモッシュ・ベルマー(ごめん、カルロが戻って嬉しかった)

はぁ〜、なんだかほんと幸せだなぁ〜。パパブブレのジョジョコラボも可愛いし…。ブチャラティのモチーフはウソをついている味…、どんな味なんだ?ミルクベースかな?ヨーグルトかな?ハッカではないと思うんだけども。いちごがフーゴってかわいいな…、たしかにいちごのネクタイだった☆

画像リンクはパパブブレ公式サイトへ〜…これ稼働してるのかな??



The Killersの武道館公演行ってきた!!わ〜ん、楽しかったよぅ!!

待ちに待った!The Killersの武道館公演に行ってきました〜、やったやった!ん〜、ずっと新品状態のまま靴棚に入ってたお靴履いて行ってきた!オールスタンディングだったら足が保たなかっただろうから、指定席にしてよかったなぁ〜。

北の丸に開場のタイミングで到着〜

前日までチケット販売あったし、当日券も長蛇の列になってた。大阪は受付終了になってたから完売したんだ〜って思ったらまさかのキャンセル…、なんてこった!あと翌日分のリアム・ギャラガーのチケット売ってて、買いそうになる衝動を抑えるので大変だった。この日だってお仕事代わって貰ってる状態ですし…、2日連続はさすがに気がひける!きっとすぐにまたの機会がありそうだし!!

2階席封鎖とか…、なんでなんで??

キャパが大きすぎるからってホームスタジアムの客席を半分くらい幕で埋めてたサッカーチームを思い出しちゃう。あとね、アリーナ、たしかに立ち見だったけどほんとにオールスタンティングになっててびっくりした。これは大変そうだ…。

↑この記事とか見ると大人気なのはよくわかるんだけど…、さすがにビヨンセとかアデルとかと比較してはいかんと思うぞ!

そしてその「Mr. Brightside」はラストの曲で最後の最後は客席も照明ついた状態で大合唱だったよ〜、思い出しただけで口角が上がっちゃう〜、楽しかった〜〜〜!

なんかプロ機材じゃなかったら撮影も録音もOKという環境だった…!

冒頭の紙吹雪からもう感動してしまって…!かなり聞き込んで準備してたんだけど曲名と歌詞は覚えておらず…でもいっぱい大合唱してのど痛い〜。3曲目の「Spaceman」の「オッオッオオ〜オッオッオオ〜」ですでに潰れたっぽい、軟弱な喉めぇ!

Read My Mind」でガチャピンのぬいぐるみが客席からステージに向けて飛んでったんだけど、ギリとどかなかったという悲報。まぁ、マナー違反といっちゃマナー違反なのかもしれませんが!ガチャピンなら許されると思う!

ちなみに一番聴きたかったのは「Human」、これまた大盛り上がりでさいこうでした〜!!!この曲がめちゃくちゃすきで、帰国してからのプレイリストにず〜っと入ってる!!

Run For Cover」も嬉しかった〜、この曲は難易度が高そうですよ!でもツアータイトルの「Wonderful Wonderful」やんなかったよ!時間も実質1時間半くらいだった、もう少し長くてもいいなと思うんだけど、全力だったからこの長さが限界だったのかな??

なんかブランドンが足長くてスタイル良くて美声で歌うまくて、キメポーズも素敵で…!もうほんとロックスターだった!また、次も来たら行こう!今度はタイトルも歌詞も暗記して挑むぞ!


映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」を見てきたYO!

本当は劇場まで足を運ぶつもりじゃなかった(※オマージュ)…んだけど、ツイッターのタイムラインを眺めていたらついついムラムラしてしまい…!ここ最近の行動原理は全部ツイッターだなぁ、ガハハ。

画像リンクは映画公式サイトへ〜

タイトルにもなってるSUNNY(元になってる韓国版)って自分の知ってる曲のSUNNYだった、同名タイトルの別の曲かと思った。といってもこんなディスコチューン(Boney M.)じゃなかったし、唄ってるのも男性だった曲なんだけど…。と、調べたら知っているのはBobby Hebb(ボビー・ヘブ)という方のヒットナンバーでR&Bでしたね、うん。

正直に申し上げますと、ここ3日間くらい連続でおざーさんが夢に登場しております。夢の中なのに恐れ多くてデスコミュニケーション…!でも会えた〜って歓喜だけでもう幸せになってしまって!もう映画も行くしかない!と。金曜日までっぽいので…。

映画があまりによかったのでパンフレット買ってしまった!パンフレット買うのすごく久しぶり!!

導入部分が終わって物語が始まるところの「LA・LA・LALOVE SONG」のシーンでグッときた〜、この映画はアタリだって思った。正直なところ、コギャル世代より少し上の年代なんだけどあの頃の無敵感や熱量は今でも覚えてる…!!そして教室に入った時の使い捨てカメラのフィルムを巻くキリキリ音に心臓が巻き上がるかと思った!

それに「やさしい気持ち」、「そばかす」、「これが私の生きる道」らは間違いなく青春ソングだった…、やさしい気持ちのシーンなんてほんと名シーン!渉さん、やり過ぎで笑っちゃったけど、実際確かにあんなのばっかだった(笑)。

おでん屋台のシーンは笑いが止まらなかった。ベン・スティラーとオーウェン・ウィルソンがいっつもやってるやつじゃん!って。すごく知ってる懐かしい雰囲気のノリだった!パンプレットにも「平成女優が昭和の演技」って書いてあった、そうそう、昭和はそんなノリだった!

ラストもハッピーエンドだったからとても嬉しい、過去と現代のみんなが集合してダンスするのもすごくよかった!これこそがエンターテインメントなんだ!って。娯楽に苦悩とかはなくていいです!

伊藤芹香さんの名前がISSを目指す宇宙飛行士か!というツッコミがぐるぐるしたけど置いておいて。学生時代役を演じた山本舞香さんが斎藤工さんにしか見えなくて…。なんでだろう、ここ最近は美男も美女も同じような顔立ちに見えるのです。のんさんとかほんと綺麗だけど現代のイケメンもこんな造作な気がするもの。

なんかこう、ひと昔前は自分の聞いてる音楽とか好きなファッションだったりが一般的なのから少し外れているので、マイノリティだと自覚して過ごしてきたけど、こうやって俯瞰してみるとそんな違いはなかったのかなーって。村上龍氏も「殺人者も宇宙飛行士もある視点から見たら一緒だ」なんて言ってるくらいだし。世界に差異をつけて悦るのも大人げないなーなんて思うようになったりも。

なんかこう、自分の根底にロックがあるので道を外れないで済んでるような、そんな気にもなるのかなんて(※オマージュ)。いろんな人がいて、いろんな人が様々なものを芯にしている。それらに優劣はなく、誰にとっても特別で大切なことなんだって今は理解できてる。

映画の後にたこ焼き食べてきた〜、炭水化物がだーいすき!映画の半券でドリンク付けてもらいました、うひひ。

映画見終わってから、たこ焼き食べてきた〜、半券でドリンク無料だった〜!

今年はおざーさん関連で本当、ボーナスステージみたいな1年になってる!1年で映画館に2回も行っちゃっただなんて!さすがおざーさん、安定の吸引力!!巷で噂になってる、劇場挨拶回の「よかったですね」や監督へのお電話とかも嬉しくなってしまう話題!アマゾンプライム配信まで待とうか悩んだけど行ってよかったです〜!


ボヘミアンラプソディ

ツイッターのタイムラインを眺めていたらこんなプロモーションが!!

正直なところ、クイーンを聴き始めたのはここ10年くらいなのですが、結構ハマっております!聞けば聞くほどかっこいいんだもん〜。サッカー見るようになって、あのアンセム的に流れる名曲くらいは知ってたけれども!それでも他の名曲たちはまだ知らなかった…!

自分の年齢が上がって、フレディ・マーキュリーをかっこいいと思えるようになってからですね、うむ。若輩の頃は口ヒゲとか、胸毛とか、タンクトップ(ノースリーブ?)の属性がなかったです、すみません。

今は心底かっこいいと思ってるしセクスィ〜に見えています☆今見ても映像とかカッコいいので当時の熱狂とかすごかったんだろうなと妄想しております。青池保子先生の「イブの息子たち」、「エロイカより愛を込めて」も無関係ではなさそうですしおすし。

画像のリンク先は映画の公式ページです!

やばーい、この映画見たい見たい!とりあえず、今までやったことのないことをしてみた。つまり、試写会への応募というものをしてみたのだ!まぁ、外れても近所のシネコンに来たら見に行こう〜、これは見に行く〜!今から楽しみにゃん!!

ジョジョ読んでたら避けて通れないクイーンのこの名曲たちよ!!吉良吉影は絶望するし、ウンガロだって絶望しちゃうぞ!

あと、このあたりのPVの映像美というか舞台というか、なんかものすごい…。もしかしてこれがロックオペラというもの…?!(検索したら違かった)

宮澤崇史さんのブログがすごくいい。そういえば、今日は…。個人一人一人のいがみ合う気持ちが少しでも消えて、いがみ合わない世界になりますように!そのために自分の心が汚れないよう、少しでもきれいな精神状態でいられますように…!

それとカジヒデキ氏の「秋のオリーブ」の先行販売が始まってたので申し込みしました〜、キャキャ。この価格の安さよ!当選するといいな〜☆