コリン・デクスター」タグアーカイブ

主任警部モース見たよ!ラスト3話のみだけど…

コーネリアス見たさに加入したAXNミステリー、想像通りのいい番組!ミステリーがだいすきなので、すごく楽しいです。「名探偵ポアロ」とか「刑事コロンボ」のドラマは大抵一回は見てるので、それ以外の、まだ見ていないやつを録画して見るようにしております!「ミス・マープル」とか「フランス絶景ミステリー」とか…。

そんな中、「主任警部モース」のエピソード31、32、33の3話だけですが、録画してたのをようやく見終えました。1話が2時間枠なんですもの、なかなか見始めるタイミングがなくて…ゴニョゴニョ。

きゃー!ジャグァーすてき!

エピソード31「死はわが隣人」を見てたら「新米刑事モース」のサーズデイおじちゃんのお姿が!おかげで頭が混乱しました。だって頼れる上司のサーズデイ警部補の姿をした人物よりもモースの方が年上なんですもの!サーズデイおじちゃん犯人じゃなくてよかったけど、いい役ではなかったです。ちなみにエンデバーというファーストネームをルイスに同情されるのが日本人感覚のモクアイにはよくわかりませんでした。そんな変な名前なのかな?名付け事体に意味はあっても名前に意味はないんだと、ラテン系の知人は言っていました。たいてい聖人や祖先などの名前を受け継ぐ感じですものね。そしてエンディングテーマが同じなのグッとくる。おおお!ってなりました。

エピソード32「オックスフォード運河の殺人」、140年前の冤罪事件を入院中にほじくりかえすお話。こういう王道エピソードは大好物!物語が読書の時系列で進むんだけど、こういうのって現実だと最後だけ先に読んじゃったりしないのかななんて思ったりもしないでもない。侘び寂びがなくなっちゃうから、そういうのはいらないのかな?原題の「公開処刑」って物語の中だけのできごとじゃなくて、現実に実際にあったことだったんだなぁ、と。フランスの断頭台や日本のさらし首も、史実だったんだなぁ、と…。あ、元旦那と再婚相手が同一人物という部分だけは当たりました☆

エピソード33「悔恨の日」、ううう〜、ドラマの中では引退するだけかと予想してたのに、こんなラストだったなんて…😿 あと署長?のストレンジって新米の時に出てるあのストレンジ?秘密結社に入ろうとして「2つの主に仕えることはできない」って諭してたあの??

“空を血の色に染めて 西へと去っていく
その死の何たる重さ
触れること 見ること 聴くこともー
見いだされることも もはやない
何という絶望
この地には 悔恨の日が降りゆくのみ”
Last Poems:A.E. ハウスマン

死と向かい合う黄昏の詩、グッとくる詩だった。ハウスマンという詩人は初耳。人生はさよならや絶望だけじゃないって信じたい。全ての生き物に平等に訪れる死であるならば、ワーカホリックのモースが職務中に命を燃やし尽くしたのは幸せだったということなのだろうか?正直なところ、よくわからない。非人道だと、ブラックだと言おうと思えば言えるだろうし、引退して緩やかに時が過ぎるのを待つばかりなのが幸せなのかわからない。死という永遠のテーマの謎は解ける気がしない、それこそ十人十色であるでしょう。

スピンオフの「ルイス警部」も何話か録画できてるから時間みつくろって早く見よう〜!


自転車を漕いだご褒美に新米刑事モースを見るのが幸せ…!

NHK BS1で放送している「新米刑事モース〜オックスフォード事件簿〜」が素敵すぎて身悶える!!某衛星放送でシーズンの途中からたまに見ていたんだけど、その頃は作業のBGM的な感じだったので内容を把握していない感じで流してた。

で、最近はお仕事量もめっきり少なくなっているので、テレビを見る余裕が生まれたというわけです!

あの足元から空まですっぽり入る水平のカメラアングル、背景の美しさ、ファッション、スタイル(体型のよさも含め)などなど、眺めていると幸せな気持ちになる…!オックスフォードといえば辞書作ってるよ!くらいの認識だったけど、いいなぁ〜あの大聖堂。

主人公モースを演じているショーン・エヴァンスがどんどん素敵に見えてくる!最初はフレディ・ハイモア(チャーリーとチョコレート工場のチャーリー役)が大きくなったみたいな俳優だな、なんて思ってみていたんだけれど…。はー、すてき。倍速にしないでしっかりじっくりと見たいドラマ!意地悪な先輩ジェイクスも、憎々しいんだけど、なんていい顔をしているのでしょう、じわじわとクセになります。サーズデイおじちゃんも素敵素敵!よくよく聞いてたら吹き替えが故アラン・リックマン様を担当されていた方じゃないか!そりゃ素敵だわ💖えーん、スネイプ先生を思うと泣いちゃう!!

ちなみに第3話まで放送があったことに気がつかなかった…、ムズムズしてたら「GYAO!」で無料配信してた、ヤッター!書籍も読みたいんだけど楽天koboだと見当たらないな…、あ!一冊読んだことあるやつがある!「キドリントンから消えた娘」ってコリン・デクスターの作品だったのか…!面白かったから印象深く残ってる。ほかのも読んでみたいな〜。

電子書籍は発展途上なのでもっと膨大な量の書籍が電子化するのを待ちましょう!そしたら私も木原敏江文庫本とか、電子版に差し替えられるなー。「夢の碑」は名作なので、ってあれ?!検索したら今月の2日(2018年3月2日)に電子書籍化してる!わぁ!!これは鼻息が荒くなる!!「杖と翼」も出てる!これ2巻までしか買ってなかったやつ!

あ、そうそう、本日も頑張って1,000kcal漕ぎました、エネルギー補給もいっぱいしました。なんか1日で食べてよいカロリー(基本の1200kcalのこと)を超えているので、罪悪感しかないけど、力が入らなくなって漕げなくなるのはきついです、楽しくないし。

固定ローラーの方が心拍数が上がらないのは、やっぱり前傾姿勢がスピンバイクより深いからなんでしょうかね?いっぱい食べていっぱい漕いだ方が減量にもよいんだろうか?この微妙なラインがどうなのかよくわからないけれど、漕げるなら漕ぐべきだと思うので続けていこうと思うのでした。食べ過ぎないように気をつけないと!しかし鉄火丼は美味しかった…☆