人類の友」タグアーカイブ

人類の永遠の友、それはイッヌ!

人生の中で、買ってよかったと思うものはたくさんあるけれど、これほど充実したお金の使い方はなかったと思う。それはイヌ!モクアイが某欧州国に留学していた際に出会ったのがフレンチブルドッグ。ジョジョ3部に出てくるイギー(ボストンテリア)が好きなので、ブレンチブルのフォルムにはもちろん一目惚れ。そしてそれ以上に、その愛らしい性格に非常に惹きつけられたのであります!

陽気な性格元気で明るく誰とでも仲良く出来るアイドル的な気質のフレンチブルドッグは、小さいお子さんがいる家庭でも、子育て終了世代の方でも暮らしやすい犬種です。フレンチブルドッグとの毎日は笑顔が溢れます!

お茶目なところも、短い手足も、大きな耳もとても可愛いです。
そして「ブサカワ」といわれる特徴的なお顔が大好きになってしまいます。
仕草や行動も可愛らしくその魅力にはまってしまうしまう人もとっても多いです。
同じ犬種でもオリジナリティーが高いので、特別感も大きいです。
まさに「うちの子一番」になる様な愛される犬種だと思います。

それまでネコちゃんしか身の回りにいなかったので、正直イヌの大きさがちょっと怖かった。でもフレンチブルは怖くない!あと形も、なんだかとってもネコっぽい、全然イヌらしくないあたりがすごく好みだ!と思ったのです。その頃は経済的にも貧困で自分1人の生活さえもままならない、イヌを飼う余裕がないと諦めていたのです。

フレンチブルドッグは、非常にお金がかかります。
『フレンチブルドッグの家計簿』(オークラ出版)によれば、フレンチブルドッグの生涯費用は1頭あたり平均345万円(購入額含む)。また、日々の生活で最低限必要な「食費・医療費・保険・貯金」は1ヵ月でおよそ3万円かかるそうです。もちろん各ご家庭それぞれですが、フレンチブルドッグはお金のかかる犬種といって間違いないでしょう。

そんなこんなで日本に戻ることになった時に「フレンチブルを飼おう!」と、やりたいことリストの筆頭に入っていた願いを叶えた次第です。それが7年ほど前のお話。なんだか今とやってることが一緒だ…。

今よりも相場が安かったんでしょうか?軽くブリーダー検索するとうちの子2匹分みたいな金額が…。近所の大型のペットショップだと3匹分の金額がついてたりします。ちなみにCUBEの自転車よりはちょっとだけ高かったです!

24時間365日ずっと一緒に過ごしてますが、愛しい気持ちしかない☆

24時間365日ずっと一緒に過ごしてますが、愛しい気持ちしかない☆

短頭種なので、健康や皮膚の問題が他の種類より多いです。暑いのも寒いのも苦手なので冷暖房を入れてあげなければなりません。ネコちゃんと違って放ったらかしでは飼育できない子ですが、理解していて飼い始めたので問題ありませんでした。毎日一緒にいたら面倒臭くなったりしないだろうか?と心配していましたが、そんなことは全くなく、日々愛しい気持ちをもらっています。

なんちゅうかわいい子なんでしょう!うちの子が世界一、というのは名言だと思います。体重が重たいので抱っこしにくいけれど、とっても可愛い。ずっとずっとそばに居てほしいです!!